薬のメモ帳〜チラーヂンS錠〜




ジャンボ(ケニアなどのこんにちは)、薬剤師ののまりこです。

本日は、甲状腺機能低下症に使用する唯一の薬(正確にはもう一種類ありますがほぼ使われません)、チラーヂンS錠についてお伝えしたいと思います。

適応

  • 粘膜水腫
  • クレチン症
  • 甲状腺機能低下症
  • 甲状腺腫

特徴

  • 最も効果が現れやすいのは9日後。
  • 11〜15日で効果半減。
  • 妊婦:生体内に存在するホルモンそのものであり、適切な量の投与は全く問題ありません。
  • 小児:散剤は乳幼児甲状腺低下症に適応あり使用できる。 

規格

  • 12.5μg
  • 25μg
  • 50μg
  • 75μg
  • 100μg

用法・用量

  • 成人は1日1回25〜400μg
  • 開始量は25μg〜100μg
  • 維持量は100μg〜400μg
  • 一気に服用すると副作用が出やすいため徐々に増量する。

禁忌

心筋梗塞になったばかりの人
→基礎代謝の亢進により心負荷が増大し、病態が悪化する事がある。

副作用

  • 循環器系:狭心症、心悸亢進、急激な増量による不整脈
  • 精神神経系:頭痛、発汗、振戦、不眠

感想

内服できない患者さんに近年、待望の注射剤も発売されました。
でも200μg(1管)で2万円もします…。
ですので、私の働いている病院では、チラーヂン坐剤なるものを使っています。院内製剤と言われ一般では売ってないものになります。錠剤を潰して粉にし、座薬の基材に混ぜて固めて作ります。チラーヂン錠は多くの患者さんが飲んでいます。
適量は1日100μg〜400μgだけど、大体1日25μg〜100μgで服用している人が多いような気がします。
副作用はあまり出たという人を聞いたことがない印象です。

あくまで個人の経験に基づいた話ですので、さらに詳しく知りたい方は添付文章をご覧になってください。
https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00060631.pdf

 

Follow me!




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
Avatar photo
リン子
リン子と言います。時短で働いている2児のアラフォーワーママです🙋‍♀️ 義理両親と完全同居中。同居のこと、育児のことなど気持ちの整理・記録を残そうと思ってブログを始めました。ゆるーく、楽しく(たまに愚痴も笑)書いていこうと思います🙇‍♀️よろしくお願いします🌸 ⚫︎結婚して7年 ⚫︎同居して5年 ⚫︎職業は病院薬剤師 ⚫︎子供は4歳(女)と2歳(男) ⚫︎愛車はセレナ ⚫︎SMAP好き ⚫︎辛い食べ物好き
PAGE TOP