出産回数が増えると歯を失いやすい??




2022年6月9日(木)

「えーん。ママーだっこー。」久しぶりに聞きました。今日で自宅待機解除のゴン太君。何かを悟ったのか久しぶりの夜泣き・・・。うさこちゃんは休園なので今日は保育園お休みです。お姉ちゃん無しの保育園は初めて。行くのも久しぶりだし、心配していましたが意外とすんなりニコニコ登園しました。よかった(*^▽^*)

保育園楽しんでね!!今日は自宅待機だった2歳児クラスのみの登園のため、とっても静かでした(笑)子供の声がしない保育園は寂しいですね。コロナ、私の地域だけ絶賛流行中なので早く治ってほしいです。

歯が痛い・・・

昨晩からどうも歯が痛い。冷たい物も温かい物もしみないのですが、食べ物を噛んだり舌で触ったりすると痛いのです。じっとしていてもジンジン。これは歯医者に行かないといけないですね。ガックシ(ToT)

私は、乳歯の時こそちょこちょこ虫歯はありましたが、永久歯に生え変わってからは虫歯はほぼゼロで歯医者さんとも縁がありませんでした。

しかし、うさこちゃんを出産して少ししたら今まで息を潜めていた親知らずさんがが生えてきて虫歯になり、治療に3ヶ月かかりました。今回この場所に痛みを感じます。神経も抜いたのに・・・どうなっているのでしょう(ToT)

妊娠中や産後は歯のトラブルが多いとは聞いていましたが、本当なんだ・・・と実感しました。どうして妊娠中や産後は歯のトラブルが多いのでしょう?

妊娠中

いくつか理由があります。

  • 「つわり」で歯磨きが不十分になる。歯ブラシを口に入れると吐いちゃう・・・とかあるよう。
  • 酸度の高い吐瀉物により歯にダメージを受けたり、歯肉炎になりやすい。
  • 女性ホルモンの増加により、唾液の量が減る。(唾液には殺菌作用があります)また、歯周病菌は女性ホルモンがエサになるので増殖しやすい。

という理由で、歯のトラブルのリスクは高くなるようです。治療は基本可能ですが、急がなければ安定期に入ってからの方がいいでしょう。後期だど仰向けの体制がきついのでおすすめできません。(経験済み(笑))

産後

  • 育児に忙しく、歯磨きが疎かになる。
  • 間食が増える。
  • 歯医者に行く時間がない。

など。小さい子供がいるとなかなか歯医者には行けないですよね。分かります!!

出産回数が増えると歯を失いやすい??

東京医科歯科大学が面白い調査をしました。

『出産回数が増えると歯を失いやすいのか。』と言う調査です。

2005年に歯科検診を受けた649人の女性に親知らずを除く永久歯28本のうち何本残っているかを聞き取りしました。すると。出産回数が0回の人が18〜19本残っているのに対して、4回以上出産回数がある人は15本でした。

この結果から見ても、妊娠中・産後は歯のトラブルが起こりやすいことが分かります。本当命懸けけで出産しているのですね。もちろん個人差はありますよ。

今妊娠中の方、産後育児に追われているママさん!歯を大切にしてくださいね!!

歯とは一生の付き合いです。歯が丈夫な人は、しっかり食べれるので元気な高齢者が多い気がします(o^^o)

私も早く治療して、「歯」大切にしようと思いました。明日歯医者行ってきます!!

Follow me!




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
Avatar photo
リン子
リン子と言います。時短で働いている2児のアラフォーワーママです🙋‍♀️ 義理両親と完全同居中。同居のこと、育児のことなど気持ちの整理・記録を残そうと思ってブログを始めました。ゆるーく、楽しく(たまに愚痴も笑)書いていこうと思います🙇‍♀️よろしくお願いします🌸 ⚫︎結婚して7年 ⚫︎同居して5年 ⚫︎職業は病院薬剤師 ⚫︎子供は4歳(女)と2歳(男) ⚫︎愛車はセレナ ⚫︎SMAP好き ⚫︎辛い食べ物好き
PAGE TOP